Linusの食育日記
好き嫌い王ジャンクフードラバーLinus(らいなす)を健全な食生活に戻す「食育日記」

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : posted by スポンサードリンク
マミー
マミーといっても母ではないのです。
某企業から出ている乳酸菌飲料。

本日のランチはコレ。
久しぶりに見つけて飲んだら幼少を思い出しました。
幼稚園時代、らいなすの通っていた幼稚園ではマミーの瓶入りが出てまして。
土曜日は「おはようございます」の挨拶をして車座になってマミーを飲んだら
「さようなら」だった気がします。
懐かしいなぁ。

ぼくは物心ついた頃から所謂かぎっ子だったから、土曜に幼稚園バスに乗って
早く帰っても母親は迎えに来てはいなかった。
バス停にはホップの木があって、毎年ホップに実がなっていた。
友達はお母さんが迎えに来ていて、道々ひとり、また一人と枝分かれ。
テクテク一人で歩いて帰ると隣のおばさんが「おかえり、ごはんだよ」と笑顔で
迎えいれてくれた。
隣のおばさんは今でも母同様の人だ。
そこのお宅には5つ上の男の子が一人。まさに兄さんだった。
野球を教えてくれたのも兄さん。
兄さんはずっと野球少年で高校・大学と野球人生を歩んだ。
奇しくも卒業前に肩を壊して止めざるを得なかった。
毎日キャッチボールをしたっけ。
おじさんもおばさんも兄さんも優しくて家族のようだった。大好きだった。

でも、ぼくは。

ぼくは母が会社を休んでくれた一日を忘れない。
ある日寂しくてどうしようないのにいい子でいようとした。
幼稚園バスが来る前に母は突然「今日は幼稚園休もうか?」と切り出した。
もちろん大きく頷いてお休み。
一日中母と家の中で過ごした。ドーナツを作ってくれたことを鮮明に覚えている。

そして今。
ぼくはブランさんが恋しくてしょうがない。
何の変哲もない毎日が「母のくれた一日」のように尊い時間。

守らせてくださいね、ブランさん。
ずっと。


Linus的戯言 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by Linus
スポンサーサイト
- : - : - : posted by スポンサードリンク
Comment








Yさん、どーも。
らいなすにとっては毎日が「四日間の奇跡」なわけです。
posted by Linus : 2007/07/06 1:02 PM :
感動しました(´;ω;`)ブワッ
posted by Y : 2007/07/06 12:10 AM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://linus-blanket.jugem.jp/trackback/299
<< NEW : TOP : OLD>>